「幻の焼酎」として知られる「森伊蔵」「魔王」と合わせて「3M」と呼ばれている「村尾」の蔵が昔から造っている地元向けの看板焼酎。
頑固一徹の杜氏「村尾」さんが、たった一人で作り上げた逸品。
辛昧と甘みが引き立てあい、深く存在感のある昧わいは、飲む人を魅了する。
生産本数に限りがあり、森伊蔵・魔王と並んで入手が困難で3Mと称される商品のひとつです。